海外旅行に安心の1枚

クレジットカード

誰でも作れる便利なカード

海外プリペイドカードは、海外旅行等の際にクレジットカードと同じように現金を持たずに買い物をしたり、各種サービスが受けられたりするカードです。クレジットカードと異なるのは、事前にチャージした金額の範囲内でのみ利用できるという点です。使い過ぎの防止に役立つうえ、万一盗難やスキミングなどの被害に遭っても、被害額を抑えることができるというメリットがあります。海外プリペイドカードは信販会社や旅行会社など、複数の事業者が取り扱っています。ほとんどの場合、簡単な審査のみで未成年や学生でも加入することができます。海外プリペイドカードの加入方法は事業者ごとに異なりますが、最近では大半がインターネットからの申込みを受け付けています。専用フォームに必要事項を入力し、身分証明書類の写しをメールやアップロードで送信すると、数日〜1週間程度でカードが届きます。カードが届いたら、出発前にATMやネットバンキング経由で入金を行います。この時の入金額が海外での利用限度額となります。ただし事業者によっては追加入金を受け付けているところもあるので、日本にいる家族等に入金を依頼すれば海外滞在中でも限度額を増額することが可能です。海外での利用法は、クレジットカードとまったく同じです。ショッピングの際などにカードを提示し、サインまたは端末への暗証番号の入力によって認証を行います。なお、海外プリペイドカードを使ってATMから現金を引き出すことも可能です。使い方は銀行のキャッシュカードと同様で、カードをATMに入れ、暗証番号を入力した後に引出し額を現地通貨で指定します。