実際の限度額とは

カード

年収の3分の1が目安

金融機関が扱っているカードローンの広告には通常、限度額の提示があります。限度額はカードローンによって異なりますが、多くは何百万円という限度額であり、中には1000万円という限度額のカードローンもあります。ならば、1000万円借入できるのかというと、そういったわけではないのです。1000万円というのは、そのカードローンが融資できる限度額であり、個人的な借入限度額ではないのです。そして、1000万円の借入限度額を希望しても、その希望が通るというわけではないのです。では、実際の借入限度額がどれくらいになるのかというと、1つ目安となるのが年収の3分の1です。貸金業法には総量規制というものが設けられていて、原則として年収の3分の1を超える融資はできないことになっています。従って、どんなことがあっても年収の3分の1以上の借入限度額というのはあり得ないのです。但し、銀行は貸金業法ではなく、銀行法に則って運営をしており、銀行法には総量規制がありませんから、銀行のカードローンでしたら年収の3分の1以上の借入限度額は可能となります。もっとも、法律の定めがなくても、返済が滞るようでは銀行は困りますから、年収の3分の1以上の借入限度額を希望しても、通らない可能性はあります。また、銀行以外の消費者金融も年収の3分の1というのは最高の借入限度額ですから、希望しても減額される可能性はあります。ただ、銀行も消費者金融も、一定期間を経れば、最初の借入限度額から増額させることは可能です。